P2P投資

ジュラシックファームの出口戦略やロードマップは?他のP2Pとの違いや特徴

2020年12月の末から始まったP2P投資の一つ、ジュラシックファーム(Jurassic Farm)

始まった当初は、まだエクスカシーファーム以外の類似P2Pが少なかったことや、エクスカシーファームがメンテナンスに入ったタイミングとも重なり、エクスカシー運営がやってるんじゃないか?と疑われもしました。

ですが、これは全くの誤解のようでした。そんなジュラシックファームも既に2ヶ月サービスが継続しています。

そんなジュラシックファームの出口戦略や他のP2Pとの違いについて紹介していきます。

ジュラシックファームは3月3日に需給バランスの崩れからサービスが停止しています。今後の動向は未定です。

\365日相談可能!/

副業で稼げる情報を知りたい方!
FX自動売買ツールを無料で受け取りたい方!
ご質問・お問い合わせでもOK!

公式LINEアカウントでご連絡ください。


ID検索:@606cgxhz

>>問い合わせ・相談・サポートはこちら


ジュラシックファームの出口戦略

P2P投資においては、運営がどんな出口戦略を持っているのか?またロードマップがどうなっているのか?はとても大事な要素です。

ビジョンが無かったり、あっても明確でなければ、単なるチキンレースに過ぎず、それだけ仕組みが破綻する可能性が高くなります。

ではジュラシックファームはどうなのでしょうか?

中国に日本市場のキャラを流す

ジュラシックファームの取引概要マニュアルでは次のように書かれています。

ジュラシックファーム出口戦略1

ジュラシックファーム案件を4月頃より中国にて開始

  1. 日本市場のキャラ流通量が多くなった場合
  2. →日本市場で多くなったキャラを運営が調整のため買取し、買い取った相当額で中国の新キャラ発行に割り当てる

  3. 日本市場のキャラの流通量が適正量の場合
  4. →運営が新規として発行した分を中国の新キャラ発行に割り当てる

2021年の4月頃から、中国でもジュラシックファームを開始し、その際に日本市場のキャラ流通量が多ければ、その分を中国のキャラ発行に割り当てると。

「中国に日本市場のキャラを流す」というのはエクスカシーファーム、ビートルキャンプでも同様のことを言っています。

そして、もう一つは中国で運営されるときの方針について。

ジュラシックファーム出口戦略2

中国で運営していくとしても、あくまで日本ユーザの利益を優先とし、中国での当選確率は2〜5%に抑えるとしています。

そして中国との取引は運営が行うので、日本ユーザが直接中国の人とやり取りすることは無いとも言っています。

中国戦略の懸念点について

ジュラシックファームが伝えている中国戦略は、その後他国へも展開するとなっています。

ジュラシックファームロードマップ

確かにジュラシックファーム運営の描くこのビジョン通りにスムーズに進めば、誰も損しないかたちになるので、万々歳でしょう。

ただ、

  • 本当に中国展開ができるのか?実際に進めているのか?
  • 他のP2Pも中国戦略を謳っているのに競争に勝てるのか?
  • 中国戦略を謳っている他のP2Pでそれが成功しているところはまだ無い
  • そもそも最終的な出口戦略は何なのか?

など、現段階では良くわからず、疑問点も多々残ります。

P2P投資で有名なエクスカシーファームやマリンベイでは、出口戦略=P2Pプラットフォームを運営している目的は以下のように明確になっています。

  • エクスカシーファーム=エクスカシーコイン(仮想通貨)、取引所
  • マリンベイ=ゲーム、オンラインカジノ事業

一方、ジュラシックファームの場合は、中国展開を見据えているのはいいとして、そもそも何のためにP2Pプラットフォームを運営しているのかが良くわかりません。

まぁエクスカシーもマリンベイも立派な出口戦略を持っていながら、需給バランスが崩れていまだ完全復活できていない状況。なので、出口戦略あるなしはあまり関係ないという意見もあります。

それより短期で稼げるP2Pの特徴をいかして、早期に参入し稼げればいいよ!という人も多いでしょう。それも一つの戦略なので否定しません。

やはりここは中国戦略があるのは素晴らしい!と単純に捉えるのではなくて、中国展開が上手くいかない可能性は考えておく必要があります

エクスカシーファームを例にすると、多くの人が中国展開に期待していましたが、実際中国のユーザ数が伸び悩んでいます。日本市場のキャラを流せる見込みはまだなく、ロードマップ通りになっていません。

これにはコロナ禍の影響もあったとは言え、ワールド展開の予定は数ヶ月以上遅延しているのが現状です。

また、ジュラシックファームの中国での当選確率は2〜5%に抑えると言っていますが、そこまで当選率を低くしすぎることに中国側が納得するのか?

抽選があまりにも当たらなすぎたら、中国展開が上手くいったとしても、一旦付いたユーザが離れて別のP2Pのサービスに流れてしまうかもしれません。

ジュラシックファームの中国展開の構想は立派ですが、それが「取らぬ狸の皮算用」にならないかどうか?には注意が必要ですね。

ジュラシックファームに参加するのであれば、今後の展開を見極めていく上でも、ロードマップ、出口戦略がどう明かされていくのか、チェックしておいた方がいいでしょう。

ジュラシックファームの特徴。他のP2Pと違う点は?

ジュラシックファームの特徴や、他のP2Pと違う点についても紹介します。

不正に対しての対応が明確で迅速

ジュラシックファームの特徴の一つとして、なるべくユーザに手間をかけさせない。という運営の方針があります。

その一つとして、未入金や不正をする人に対しての方針が明確になっています

買い注文での当選者への罰則ルール

例えば買い注文で当選したのに未入金した場合、その購入者へのペナルティがあります。

  • 1回目は45日間保有キャラを凍結(価格上昇もしない)
  • 2回目はアカウントごと凍結して、キャラも没収

さらに2回未入金でアカウントが凍結した場合、全体のお知らせでも、そのアカウント名を晒すという…結構厳しい処置をしています。

偽造明細のアップロードなど、明らかな不正の場合は、一回目でもアカウント凍結です。もし複数アカウントがあったとしても、罰則はすべてのアカウントに影響するとなっています。

エクスカシーファームが未入金、不正に大しての対応が甘かったのが、後々需給バランスの悪化に大きな影響を及ぼしたことを考えると、これは良い措置だと言えますね。

未入金があった場合も運営が迅速に対応してくれますし、罰則が怖いので未入金確率はかなり低いとのこと。そのためか、全体的に入金されるのも早いようです。

売り注文での販売者への罰則ルール

ちなみに罰則ルールは販売者の方にもあります。

購入者からの入金確認後にキャラ送信しなければ、以下のルールとなっています。

  • 1回目は注意だけ
  • 2回目は保有しているキャラクターが全て45日間凍結され、価格上昇もしない

日本円による銀行取引(使える銀行も限定)

エクスカシーファームやビートルキャンプと同じく、ジュラシックファームも日本円による銀行取引です。仮想通貨に馴染みのない人にはわかりやすくて便利です。

また、使える銀行も以下の5つに限定されています。

  • GMOあおぞらネット銀行
  • 住信SBI銀行
  • 楽天銀行
  • ジャパンネット銀行
  • ゆうちょ銀行

基本的にはネットバンク限定。UFJ、みずほ、三井住友等では取引できません。ネットバンク以外で行う取引は、着金の遅れなどトラブルになりがちなので、これは良いことですね。

ゆうちょが入っているのは何故?とも思いますが、一応ネットバンキングもできますし、ユーザ数が多いのでこれは仕方ないのかもしれません。

以上の5銀行の口座を持ってない人は開設する必要があります。手数料の安さや利便性を考えると、住信SBI銀行かGMOあおぞらネット銀行を使うのがおすすめです。

まとめ

ジュラシックファームの出口戦略や、他P2Pと比べたサービスの違いや特徴について紹介しました。

ジュラシックファームははじまって2ヶ月以上続いていますが、参加人数が少なくもなく、多すぎにもなっていなくて上手く需給バランスを保たれているようです。

注:ジュラシックファームは3月3日に需給バランスの崩れからサービスが停止しています。今後の動向は未定です。

出口戦略は今ひとつ不透明ですが、運営の対応を見ている限りでは、他の類似P2Pサービスの失敗から学んだ対策は行っています。

ただこれはどのP2P投資にも言えますが、需給バランスが崩れるときは、思わぬ原因で突然やってくることがあります。運営がしっかりしていようが、システムが良かろうが、ユーザの動きや風評など、様々な要因で崩れることもあります。

それがまだ1ヶ月は大丈夫と思っていても、破綻するのが翌日になるかもしれません。

エクスカシーファームもマリンベイもほとんどの人がまだ1ヶ月、半月は大丈夫と思っていましたが、突然メンテナンス突入となってしまいました。

そしてエクスカシーファームは再開がまだ未定で時間がかりそうですし、マリンベイは再開はしたものの、必ず売れる仕組みが回復するまではもう少しかかる状況です。

ジュラシックファームに参加するのであれば、短期で稼ぎやすくても、あわせてリスクもあることを良ーく認識して参加してください。

中国からはじまる海外展開戦略についても、具体的な出口戦略もまだ納得できる情報はありません。今後の展開については発表されることを期待したいところです。

FX自動売買ツールを期間限定で無料プレゼント中!

このブログでは、月利20%前後で稼げる優秀なFX自動売買ツール(EA・MAM・BO)を無料でお渡ししています。FXの知識があまり無い初心者の方、時間が無い方でも安心して運用できる優れたツールですので、副業にもピッタリです。

FX自動売買ツールに興味のある方、無料で受け取りたい方は下記公式LINEアカウントに登録後、ご希望のFX自動売買ツールの名前を添えて、メッセージをください。


>> FX自動売買ツールの一覧と詳細はこちら

またお得な特典もご用意しています。




ID検索:@606cgxhz

まずはご質問・ご相談をしたい方でも気軽に登録ください。



error: